Dialogues

演出、古田島啓介のインタビューズまとめ。第7回


※ザ・インタビューズで回答した内容を加筆修正し、再構成したものです。

古田島啓介インタビューズまとめ

 

質問:
「漫画読みますか?一番好きな漫画を教えて下さい」
(2012年2月24日回答)

漫画大っ好きなんですよ。なので、結構読みます。ただ、一番好きな漫画っていうのが難しい。有名じゃなくても面白い漫画って多いし、もちろん、有名どころはそれなりに力があるし。
とりあえず、今新刊で買っているのは、

「キングダム」「宇宙兄弟」「ヴィンランド・サガ」「クレイモア」

最初の三つはもう既に説明不要かと。読んだことが無い人は読んでください。損はしません。クレイモアに関しては今絶頂ですね。ただ、過去にも絶頂かと思いきやそこを突破して更に面白くなったりしてるんで安易に絶頂と言ってはいけない気もしますが。アニメ化していた頃は散々話題になっていましたが、私はもちろんその前からずーっと読んでる人です。まぁ、好き嫌いはあると思いますが、個人的には好きです。

で、新刊が出る度に新刊で買おうか中古で買おうかで迷って、その時の気分で判断するのが、

「ちはやふる」「進撃の巨人」「ジャイアントキリング」「ヒストリエ」「よつばと」「アイアムアヒーロー」「乙嫁語り」「GANTZ」

位ですかね。他にも集めている漫画は頑張って中古で探します。ワンピースとかは新刊で買わなくても数日待てば確実に中古で手に入るし、その方が安い。

ここまで完全に有名どころでしたが、ちょっとこの場でイチオシ漫画を紹介したいです。
まず一つは、

「ガンスリンガーガール」

とても繊細で優しい物語です。多くは言いませんが、最初から読んで、後半まで読んだらもう一度最初から読みたくなります。あの頃の幸せな頃を思い出すように。
もう一つは、

「預言者ピッピ」

これは結構マイナーかもしれませんが、個人的には2011年に出会った漫画の中では一番面白かったです。地下沢中也さんという方が書いてて、この方は普段ギャグ漫画が多いようです。しかし、この漫画はドシリアス。絵のタッチは可愛らしかったりするのですが、内容は全然違います。因みにこちら2巻まで出ていて以下続刊です。が、1巻は2007年に出たのに2巻が出たのが2011年という、間が4年も空いた問題作。話自体は面白いので年1ペースなら全然余裕なのですが、流石に4年となると心が折れないか心配です。ただ、面白さは自信をもってお勧めしますので、中古とかで見つけたら絶対に買いです。読んでみてください。

 

 

質問:
「初恋はいつですか?」
(2012年8月19日回答)

初恋は小学生ですかね。今考えると思春期は思春期していました。ただ、その頃にモテキを使い果たしてしまったんだろうなぁ……

その頃の感覚などを思い出して、恋愛のシーンなどは演出を付けてます。だから、うちの芝居を観た人から時々言われる、「懐かしく、甘酸っぱい感じ」がするというのは、それは青春の味です。

 

 

質問:
「どんな方法でストレスを解消していますか?」
(2012年10月2日回答)

最近、本当に思うのはやっぱり稽古することですかね。

多少嫌なことがあっても稽古すれば飛んじゃうね。

あとは芝居のことを考える。ずっと芝居です。

 

 

質問:
「一日一食、毎日同じ物を食べなければいけない体になってしまいました。何を食べますか?」
(2012年10月13日回答)

まぁ、グミですね。最初はカレーとかポテトとか考えたけど、重いし、脂っこいものはきついかなと。

ミンティアは実際に毎日食べてるかも。だから、グミかミンティアで。

 

Dialogues トップへもどる

2014-04-05 | Posted in DialoguesComments Closed 

関連記事